現代は食べものが豊富になったと同時に、特に大人の生活習慣病が取り上げられていますが、近年では大人だけではなく、意外にも子どもの生活習慣病が問題視されているのです。

子どもの生活習慣病は要注意!予防と対策とは

昔は、毎日の食に困らないだけの食べ物はあっても、今のように何でも購入することで
不自由なく豊富な食べものがあるわけではありませんでした。
そして、現代は、食文化が進んで欧米化したこともあり、
昔ながらの和風な食生活とは程遠いものとなりました。
それも時代の流れというほかなく、いつしか健康的な食生活とは
言えない毎日になっているのです。

食生活が招く肥満や生活習慣病です

間食ばかりしてる肥満の子供

現代の食生活というものは、昔とは比べものにならないほど豊かになり、
毎朝の朝食にはご飯と味噌汁ではなく、バターやジャムがたっぷりと塗られたトーストにコーヒーが主流になりました。
家庭によってはトースト以外に、ハムエッグなど洋食が当たり前の食卓になっているところもあります。
家族そろっていただく夕食でさえ、カロリーの低い日本食ではなく、
高カロリーな食材を使用した夕食がテーブルに並ぶことが多いのです。

食生活は一日三食だけではなく、食事と食事の間に食べる間食まで用意しているほど、
食べるに事欠かないのが日常となっています。

子供も学校から家に帰れば、当たり前のようにお菓子を食べる習慣があり、
夕食前にもかかわらず一人でお菓子一袋を食べてしまうことも日常の行いになってしまいます。

いくら育ち盛りの代謝の良い子供であっても、一日の総カロリーをはるかに超えてしまっていることを気にもせずに、
肥満を招くような食生活を日々送っていることには問題があります。

親も自分たちがそのような生活をしているので子供の行いをあえて注意することが少ないようです。

従って本来は大人が発症する生活習慣病を、なんと子どもも同じように、
小児生活習慣病を発症してしまうという事態になっているのです。

高脂血症や糖尿病など、大人が患ってもおかしくない病を、子どもが患うなど昔ではとうてい考えられないことです。

薬を飲むことで治るような、簡単な病気であればまだ良いのですが小児生活習慣病のように、
遠い先の将来まで病名を背負って生きていくのは大変な事です。
病が重くなる前に正したいのは、やはり身近な食生活となります。

生活習慣病の予防と対策をしたい

子供を診察する様子

大人であろうが子どもであろうが、生活習慣病になってしまったということは、
本人の日常の習慣の中に原因がありそれを正すとともに、原因とならないような食生活を営む努力が必要です。

日常から改善することで、クリニックで治療し薬を服用することが効果をあらわします。

高脂血症や糖尿病などは、一旦発症してしまうと治療が難しくなるばかりで、
特に子どもが発症した場合などはその先の患っている人生が長くなり辛いものです。
普段から体内にある毒素などを排出するように、デトックスも時には必要です。
現代では一般の家庭にも、ウォーターサーバーを設置しているところがあり、
デトックス目的で水分を取っている人たちも多くいます。

今では色々な種類がありますが、ピュアウォーターなどもその一つとなっています。

ピュアウォーターなどウォーターサーバーのお水は、不純物が無くて軟水として美味しいものが多くあるので、
病気をもっている人などは薬を飲むのに適したお水になり良いです。

一日のカロリー摂取を抑えるために、肥満や高脂血症、あるいは糖尿病など病名をもって生活している人は、
普段の間食を止めることが先決です。

そのうえで、日常の食生活を見直して改善するとともに、適度な運動を加えて行くことを日課として行っていく必要があります。
大人も子どもも原因となってしまったことを改めて、普段の生活を健康的なものにする工夫がいります。
お菓子一袋やジュース一本に、どれほどのカロリーと糖分が入っているのかを理解することが望ましいのです。

一度味覚を味わってしまった口には、中々本来の素材の味わいを感じるのは難しいですが、
摂取しないことを続けていれば、野菜の持っている味わいも分かるようになります。