虫歯や口臭を防ぐためには歯磨きが欠かせません。ただ、正しい方法で磨かなければ意味がないので注意が必要です。ウォーターサーバーの綺麗な水を使えばさらに効果的です。

正しい歯磨き方法で虫歯や口臭を防ぐ | ウォーターサーバーを有効活用

知っているようで意外と知らないのが正しい歯磨き方法です。
定期的に歯医者に行ってメンテナンスをしていれば話は別ですが、そうでなければ自分の歯を磨くのは自分だけです。
間違った方法で歯を磨いていると磨き残しが発生したり、歯茎を傷めることにも繋がりかねません。

水も綺麗なものを使いたいので、ウォーターサーバーの水があればなお良いです。

正しい歯磨きを実践するにはブラッシングに注意

歯のブラッシング

虫歯や口臭を防ぎ、口の中を健康に保つために歯磨きはとても重要な意味を持ちます。

正しい歯磨きに欠かせないのが丁寧なブラッシングです。
できるだけ細かく歯ブラシを動かしてブラッシングをすることで、歯垢や歯石を防ぐことができます。
歯の表面だけではなく、歯と歯の間にも歯垢は溜まりそこが虫歯や口臭の原因になることもあるので注意が必要です。
歯ブラシの角度なども変えながら、細かく歯垢をかき出すようにブラッシングをすることが重要です。

歯の間を清潔にするためには、デンタルフロスを利用する方法があります。
デンタルフロスを使えば、歯ブラシが届かない所にもフロスを入れることができるため、磨き残しをさらに少なくすることが可能です。
歯と歯茎の間にもフロスを滑り込ませることができるので、歯垢が溜まりやすいところをピンポイントで綺麗にすることもできます。

ブラッシング圧も大切です。

歯や歯茎を清潔に保ちたいため、歯についた汚れをしっかり落とそうという気持ちが強すぎると、つい手に力が入ってしまいがちです。
力を入れてゴシゴシと歯磨きをすると、歯茎を傷つけてしまうことにもつながりかねません。

歯の上を滑らせる程度でも充分綺麗になるので、努めて力を抜くことが大切です。

奥歯の奥などは、特に磨き残しが多くなります。

口の開け方などにも工夫をしながら歯磨きを行えば、歯ブラシが届くようになるのでベストの位置を見つけることも大切です。
歯磨きのタイミングにも気をつけたいです。
食事が終わるごとに歯磨きをするのが理想ですが、食事の直後はあまり良くないので少し間を空けて磨きます。

ウォーターサーバーの綺麗な水を使うのも効果的

正しい歯磨き方法を実践するための要素はブラッシングや磨き方だけではありません。
歯磨きに使用する水にも気をつけることができればさらに効果的に虫歯や口臭を防ぐことができます。
ブラッシングをした後口の中をゆすぐ時にもきれいな水を使えばより口の中を清潔に保つことが可能です。

ウォーターサーバーがあれば、常に清潔な水を使うことができます。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーのきれいな水は口をゆすぐ時だけではなく、飲料水として飲む場合にも口の中の健康を保つのに役立ちます。
口の中が乾くと口臭は強くなりがちです。

それを防ぐためにも水分補給は重要ですが、歯に沈着するような飲み物ばかりを飲んでいると歯が黄ばんだり、
黒ずんできたりと見た目にも健康的には見えません。

その点ウォーターサーバーの水であればその心配は必要ありません。

歯に色素が沈着するような恐れもないので、ストレスなく水分を補給することができます。

歯に着色物が付着すると表面に凹凸ができやすくなります。
そこが歯垢の温床になってしまうのはよくあることです。
コーヒーや紅茶など特に濃い色のついた飲み物は注意が必要です。

そのような飲み物を飲んだ後に軽くウォーターサーバーの水で口をゆすぐだけでも随分結果は違います。

日々の積み重ねから虫歯や口臭を防ぐという意識が高ければ将来に向けてポジティブな変化が期待できます。

口の中が酸性に傾くと虫歯ができやすくなるので、酸性の強い飲食物を口にした後は、
ウォーターサーバーの水を水分補給に使うと良いです。
口の中を中性にする手助けをしてくれます。

食事中も積極的に水を飲むようにすれば、さらにメリットを享受しやすくなります。

おすすめウォーターサーバー人気ランキング!【水道直結型(ボトルレス)】

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

初期費用月額費用電気代メンテナンス
1位 Qool Qoo4,200円(税別)
※プランによる
4,200円(税別)
※プランによる
水925円(税抜き)~
月800円程度年1回
※無料
2位 ピュアウェーブ無料4,200円(税別)
※水12L
月1,000円程度無料
3位 楽水無料
※プランによる
サーバー572円(税抜き)
~4,250円(税別)
月1,000円程度無料

1位:Cool Qoo(クールクー)

次世代ウォーターサーバー クール・クー

水道直結型の「Cool Coo(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。
定額のサーバー代だけで、しっかりと「ろ過」された水を自由に飲むことが出来ます。
年に一度のプロによるメンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。
特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。
美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなども
ありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

ウォーターサーバーCool Qoo(クールクー)利用者の声をご紹介

  • いまではコーヒーだけじゃなくコンビニ味噌汁などにもじゃぶじゃぶ水をつかっています。
  • 毎日コンビニでミネラルウォーターを買っていたことを思うと、とっても経済的ですよね。
  • 「CoolQoo」と出会って、ウォーターサーバーのストレス全てから開放された気分です!
公式サイトはこちら

2位:ピュアウェーブ

ピュアウェーブ

ピュアウェーブは、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。
水道に分岐具を取り付けて、そこから給水するため、難しい工事の必要が無いのが特徴となっています。
フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。
ROフィルターでろ過された、安心して飲めるお水を定額で利用できます。

公式サイトはこちら

3位:楽水

楽水ウォーターサーバー

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。
さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討出来ます。
「お手軽プラン」では、サーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、
「工事費無料プラン」では、サーバー代4,250円で初回工事費無料となっています。
買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

公式サイトはこちら
初期費用月額費用電気代メンテナンス
1位 フレシャス無料
※一部条件付
サーバー300円(税抜き)~
水925円(税抜き)~
約330円~950円/月無料
2位 コスモウォーター無料1,900円(税抜き)
※水12L
約465円/月定期メンテナンス不要
3位 アルピナウォーター無料サーバー572円(税抜き)
~水1,050(税抜き)※水12L
約474.5円/月無料

1位:フレシャス

フレシャス

フレシャスは、軽量パック式で簡単にお水交換ができることが特徴のウォーターサーバーです。 従来のボトル式は重量があり、女性や高齢の方にとってはお水の交換が負担になってしまう一面がありましたが、フレシャスであればそういった心配はありません。 また、グッドデザイン賞を受賞しており、インテリア性が高い点も人気のポイントです。自宅にウォーターサーバーを設置したいけれど置き場所に余裕がない、という方は少なくありませんが、小さな卓上型タイプもラインナップされているので、置き場所を選ばないのも魅力となっています。 天然水も富士・朝霧高原・木曽の3種類が用意されており、それぞれ味や成分量に違いがあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

2位:コスモウォーター

コスモウォーター

コスモウォーターは汲みたての天然水であることを売りにしていて、採水したばかりの水をボトルに詰め48時間以内に出荷をしてくれます。 採水敷地内の地下深くから毎日汲み上げているので新鮮であり、溜めておいた水をボトルに詰めて出荷しているのではないので鮮度が全然違います。 ボトルにも工夫をされていて、密封形となっているため外気に触れづらくいつまでもクリーンな状態を保つことができます。 水の品質の高さは世界も認めていて、モンドセレクション2017年度金賞を受賞、アクアソムリエが美味しい水と認め、天然水の宅配のウォーターサーバー売上ナンバーワンという実績があります。 このように水自体の美味しさと実績の高さが、コスモウォーターの魅力となっています。

3位:アルピナウォーター

アルピナウォーター

アルピナウォーターふたつのサーバーがありどちらにも共通するのが温水・冷水機能が備わっていて80度以上のお湯、10度以下の冷水がすぐ使える機能です。 いつでも温かいお茶やコーヒーを飲むのにも使えますし、新鮮で冷たいお水を飲むのにも便利です。 エコサーバーは機能が充実していて小さな子供がいても安心のダブルチャイルドロック、サーバー内をきれいに保つ自動クリーニング、電気代の節約につながるECOモードが搭載されています。 ボトルサイズは3種類ほど用意されていて、軽量で持ち運びがしやすい8Lのものにスタンダードな12L、たっぷり大容量で水の使用量が多い家庭や事務所の設置に最適な18.9Lの3つがあるので用途に合わせて選ぶことができます。