正しい洗顔方法を知ることこそが美肌作りの第一歩です。たっぷりの泡で優しく洗い、ぬるま湯ですすぎ水分を拭き取りましょう。子どもがいる人は、親子で正しい洗顔方法を実践してみることをおすすめします。

その洗顔、実は間違ってるかも!?正しい洗顔方法とは

物心ついた時から何気なく行っていることでも、実はその方法が間違っていた、ということはよくあるでしょう。
特に洗顔は老若男女が毎日行っていると思いますが、自分の洗顔方法に絶対の自信があるという人はそう多くないはずです。

間違った洗顔方法は肌を美しく保つどころか、肌を傷めたり老化を促進させる場合もあるので注意が必要だと言えます。

美肌作りは正しい洗顔方法を知ることから

ツヤやハリのある肌は誰もが憧れるものだと思いますが、女性であればその憧れる気持ちは男性以上に強いでしょう。
美肌は年齢を問わず全ての女性が手に入れたいと願い、毎日のスキンケアには余念が無いと思いますが、美肌作りの基本は何と言っても洗顔です。
けれどただ毎日洗顔をしておけばいい、というものでありません。

正しい方法で洗顔を行なわなければ、美肌どころか余計肌の調子を悪くすることに繋がりかねません。

美肌の女性

まず洗顔時に注意しなければいけないことは、肌に負担を掛けないということです。
女性は化粧をしている人がほとんどなので、特に夜は念入りに洗う人が多いと思います。
そこでゴシゴシと肌をこすって洗うことは絶対にやめましょう。
肌への摩擦が強いと乾燥や赤味の原因になりますし、将来シワを増やしてしまうことにもつながります。
そのため大切なのが、たっぷりの泡で顔を包むようにして洗うことです。
肌と手の指が直接触れないよう、泡で洗うというイメージを持つことが大切です。

そのためには、洗顔石鹸や洗顔フォームを十分に泡立てる必要があります。
弾力のある泡を作ることは多少面倒だと思いがちですが、このことを怠っていてはいつまでも美肌を手に入れることは出来ません。
幸い最近は泡立てを助けてくれる泡立てネットや泡立てブラシ、泡だて器など、便利な道具が数多く存在していて気軽に購入することが出来ます。
泡を作るのが苦手だと感じている人は、ぜひそうした道具を使用してみましょう。
簡単にもっちりとした弾力のある泡を作ることが出来ますので、肌へ負担を掛けることなく洗顔することが出来るはずです。

子どもにも正しい洗顔方法を教えよう

洗顔をする子供

正しい洗顔方法は泡を作ることから始まると言えますが、その前にまず手を清潔な状態にしておくことも忘れてはいけません。
そして道具を使い、たっぷりの泡を顔の上で優しく転がすようにして洗いましょう。
もっちりとした濃密な泡ならば、それだけで毛穴の汚れも取り除いてくれます。
毛穴の汚れやニキビに悩んでいるという人は特に、この泡での洗顔をおすすめします。

その後は泡をすすぐ必要がありますが、すすぎの際も注意が必要です。
お風呂やシャワーの温度そのままの温度のお湯ですすぎをしてしまう人も多いと思いますが、熱いお湯は非常に強い刺激となってしまいます。
せっかく泡で洗顔しても、すすぎのお湯が熱すぎては意味がありません。
お湯は35度前後の少しぬるいと感じるぬるま湯で行いましょう。
洗顔石鹸や洗顔フォームが残らないよう、最低でも20回程度のすすぎがおすすめで、ゴシゴシこすることは厳禁です。
すすぎ終わったら、肌触りのいタオルを顔に優しく当てるような感じで水分を拭き取りましょう。

こうした洗顔方法は何も大人だけに良いものではなく、子どもの肌にもとても良いものです。
子どもの内からたっぷりの泡で顔を包むようにして洗い、ぬるま湯ですすぎ、
優しく水分を拭き取るという洗顔を実践していれば、将来美肌を手に入れることが出来ることは間違いありません。

毛穴の汚れやニキビに悩まされる可能性も低くなるでしょう。
子どもがいるという人は自身だけではなく、子どもと一緒にこうした正しい方法で毎日の洗顔を実践することが大切です。
家族全員で美肌を目指してみてはいかがでしょうか。